電工試験12 合成樹脂製可とう電線管にIV線を通す2灯2点滅器回路

  • 2017.07.08 Saturday
  • 06:00

平成29年度第二種電気工事士技能試験候補問題に基づく模擬試験も12題目。

候補問題12で初登場は、合成樹脂製可とう電線管(PF16)です。

 

平成29年度第二種電気工事士技能試験

候補問題12 合成樹脂製可とう電線管にIV線を通す2灯2点滅器回路

 

そんでもって、寸法、施工条件、支給材料を想定して、12回目の模擬試験を解いてみました。

制限時間は40分……、そのラップタイムは次のとおり。

制限時間は38分(アウトレットボックス周りを再利用するための時短)……、そのラップタイムは次のとおり。

複線図作成 5分

アウトレットボックス施工(PF16取付け含む)

2分
器具の結線 14分
電線の接続(ケーブル準備を含む) 11分
チェック 6分

 

見た目はまずまずかな。

 

アウトレットボックス内が混んでいます。こんなにケーブルを入れなくてもよいかもしれません。

 

今回もチェックした限りでは、欠陥はなさそう、ということで自己採点で合格相当。8勝4敗となりました。

 

その後、最後の候補問題13の準備をして、本日はこれまでということでwww

電工試験11 ねじなし電線管にIV線を通す2灯2点滅器回路

  • 2017.07.07 Friday
  • 06:00

平成29年度第二種電気工事士技能試験候補問題に基づく模擬試験も11個目。

候補問題11で初登場は、ねじなし電線管(E19)です。いわゆる金属管です。

 

平成29年度第二種電気工事士技能試験

候補問題11 ねじなし電線管にIV線を通す2灯2点滅器回路

 

そんでもって、寸法、施工条件、支給材料を想定して、11回目の模擬試験を解いてみました。

制限時間は40分……、そのラップタイムは次のとおり。

制限時間は38分(アウトレットボックス周りを再利用するための時短)……、そのラップタイムは次のとおり。

複線図作成 4分

アウトレットボックス施工(E19取付け含む)

7分
器具の結線 13分
電線の接続(ケーブル準備を含む) 8分
チェック 6分

 見た目はまずまずかな。

 

拡大すると乱雑だけどw

 

今回は、問題では省略されることの多いボンド線取付も含みました。(手前のねじも切ってあります)

 

まぁ、チェックした限りでは、欠陥はなさそう、ということで自己採点で合格相当。7勝4敗となりました。

 

その後、候補問題12の準備をして、本日はこれまでということでwww

電工試験10 同時点滅するPLのある2灯1点滅器回路

  • 2017.07.06 Thursday
  • 06:00

平成29年度第二種電気工事士技能試験候補問題に基づく模擬試験も10つ目。

候補問題10で初登場は、配線用遮断器(B)です。いわゆるブレーカです。

 

前回、まさかの欠格で不合格となったので、気を入れ直したはずが……

 

平成29年度第二種電気工事士技能試験

候補問題10 同時点滅するPLのある2灯1点滅器回路

そんでもって、寸法、施工条件、支給材料を想定して、10回目の模擬試験を解いてみました。

制限時間は40分……、そのラップタイムは次のとおり。

複線図の作成 4分
器具の結線+電線の接続 30分
チェック 6分

△隆鏘颪侶訐+電線の接続が一纏めになっているのは、電線の接続時に複線図に誤りを見つけて、急遽修正したから。やばかったです。ここで、中弛みがでてしまったようで、相当焦りました。

 

接続したものをカットして再度接続なんということをしたので、長さが不揃い。VVFジョイントボックス内がイマイチな感じ。

 

その余波は、ここにも……  ぐちゃぐちゃですが、何とか体裁をたもっています。

 

まぁ、チェックした限りでは、欠陥はなさそう、ということで自己採点で合格相当。6勝4敗となりました。

 

その後、候補問題11の準備をして、本日はこれまでということでwww

電工試験9 EETのある電灯コンセント回路

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 05:00

平成29年度第二種電気工事士技能試験候補問題に基づく模擬試験も9つ目。

候補問題9で初登場は、タイトルにもあるEETです。接地極付接地端子付コンセントが登場します。筆記試験でも出ますよね。台所で使用するコンセントとして……。実物は ↓ です。裏には下のほうに接地端子があります。

 

 

平成29年度第二種電気工事士技能試験

候補問題9 EETのある電灯コンセント回路

 

 

そんでもって、寸法、施工条件、支給材料を想定して、9回目の模擬試験を解いてみました。

制限時間は40分……、そのラップタイムは次のとおり。

複線図作成 4分
器具の結線 13分

電線の接続(ケーブルの準備を含む。)

7分
チェック 7分
余り 9分

早く終わってしまったように見えますが、チェックのところで、「EET差込端子から心線が、ほんのちょっとはみ出している」、「引掛けシーリングから絶縁被覆が、ほんのちょっと飛び出しているように見てる」のを修正。

 

これで、完璧と思ったら……。厳しめで欠陥なるものを発見。

リングスリーブの欠陥にあたるかもということでNGとしました。どこが悪いかわかりますか?

 

欠陥の例にある『リングスリーブの上端から心線が5mm 以上露出したもの』に該当するかもしれないということ、切断するときにリングスリーブを傷つけそうで、少しはなしていましたが、もう少し短めに切断しようと思います。

【技能試験の概要と注意すべきポイント】23ページ(上写真)の欠陥と同じこと。

これで、引き続き練習あるのみです。5勝4敗となりました。

 

その後、候補問題10の準備をして、本日はこれまでということでwww

電工試験8 リモコン配線による3灯3点滅器回路

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 06:00

7月3日(月)9:30に 平成29年度第二種電気工事士試験上期筆記試験の合格発表がありました。

……ということで、合格しました。

 

さて、技能試験まであと3週間をきりました。気合を入れなければ……

平成29年度第二種電気工事士技能試験候補問題に基づく模擬試験も8つ目。

候補問題8で初登場は、VVR2.0-2C。電源からアウトレットボックスに至るケーブルです。今までVVFでしたが、今回はVVRです。電工ナイフを使って外装をはぐことになります。取り扱い注意です。

アウトレットボックスーリモコンリレー間の解答が2通りあるそうです。今回は、VVF1.6-2C×3とし1リモコンスイッチに対し「それぞれ2心ケーブルを1本使用する」としました。

 

平成29年度第二種電気工事士技能試験

候補問題8 リモコン配線による3灯3点滅器回路

 

 

そんでもって、寸法、施工条件、支給材料を想定して、8回目の模擬試験を解いてみました。

制限時間は38分(アウトレットボックス周りを再利用するための時短)……、そのラップタイムは次のとおり。

複線図作成 4分
アウトレットボックス施工
器具の結線 20分
電線の接続(ケーブル準備を含む) 8分
チェック 6分

ただし、アウトレットボックスーハの引掛シーリング(施工省略)間は、ケーブルを再利用したため極端に短くなっています。

 

ただ、焦って圧着作業をおこなっているので、相当雑な作りとなってしまいました。今回は、4本接続の部分が差込コネクタ。それ以外が圧着スリーブによる圧着方法となっております。

でも、チェックした限りでは、欠陥はなさそう、ということで自己採点で合格相当。5勝3敗となりました。

候補問題8の別解がありますが、候補問題13まで模擬解答を行って残ケーブルがあるようであれば、実施します。

 

その後、候補問題9の準備をして、本日はこれまでということでwww

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM