東京から名古屋への出張を考える。

  • 2020.08.23 Sunday
  • 22:22

 東京から名古屋へ出張する場合には、一般に、東海道新幹線「のぞみ」号で行くと思います。このときもそうでした。

 図にすると下のとおり。

【みどりの窓口で購入】

 片道11,500円(乗車券6,380円、指定席5,120円)往復で23,000円です。片道1時間40分。

 

【チケットショップで回数券を購入】

 出張時には、コスト削減ということもあり、このときは、チケットショップから新幹線しました。おなじみですね。

 2020年8月23日昼頃に新宿のチケットショップでチラ見したところ、9,750円前後でした。往復で19,500円この価格は変動します。

 

【一筆書き?】

 一度、試してみたいと思っているのは、途中下車という制度を使用した 一筆書きルート。

 東京ー名古屋間には、東海道本線と中央本線ルートがあります。東海道本線に並行して東海道新幹線があり、中央本線に並行してリニア中央新幹線が建設されています。

 乗車券 10,480円

  内訳:東京都区内→中央本線→名古屋→新幹線→東京都区内

 特急券  8,920円

  内訳:あずさ号 2,550円(指定席)

     しなの号 1,460円(指定席[乗継])

     のぞみ号 4,910円(指定席)

 乗車券 340円(名古屋⇔金山間往復乗車券)※名古屋で途中下車する場合

ーーーーーーーーーーー

 合 計 19,740円(指定席)

 

 回数券より数百円高くなりますが、しなの号、のぞみ号を自由席とすれば 1,090円引きとなり、18,320円(自由席)となります。当然、名古屋に出張するので、名古屋駅で途中下車する前提なので、特急乗車の特例区間である金山⇔名古屋駅間の往復乗車券を購入しないとなりません。

 始発は、あずさ1号で、新宿 7:00発 途中塩尻で、ワイドビューしなの6号に乗り換えて、名古屋には 12:01に到着します。この場合、5時間程度かかります。

 

【ぷらっとこだま】

 一筆書きは、一度やってみたいけど、5時間かけるならば ぷらっとこだま でもいいかも。

 使ったことないけど。

 通常期 8,500円(片道)、繁忙期 9,500円(片道)です。こだま号指定席券に1ドリンク券付きとお得ですが、乗り遅れ不可など条件があります。往復で17,000〜18,000円

 7時台の始発は、こだま705号で、東京7:27発 名古屋には10:06に到着します。この場合、約2時間半。

 帰りは、こだま750号で、名古屋19:38発 東京には22:18に到着。東京までの最終は、名古屋20:38発まであります。

 

 

 


 いろいろやってみたいけど。結局、時間と金のバランスで、乗車変更ができる回数券になるんだろうなと思うのでした。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM