はじめての風しん抗体検査。

  • 2019.08.03 Saturday
  • 11:37

 

 保健所から「風しん抗体検査および風しん予防接種(第5種定期接種)のご案内」が来ていたことを思いだし、抗体検査、予防接種ともに費用は、市負担で受けられるということで、近所のクリニックへ行ってきました。

 これは、風しん予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日〜昭和54年4月1日間に生まれた男性を対象に、風しんの抗体の有無を検査し、十分な量の風しん抗体がない<HI法8倍以下相当>と判定された場合に風しん予防接種を受けるというもの。

 

 今日、採血をして、抗体検査は終了。結果は1週間後とのこと。

 そのとき、先生に聞いたら「だいたい1割くらい抗体がなくて、予防接種をするかな?」ということだったので、厚生労働省ホームページ(風疹流行に関する緊急情報:2019 年 7 月 24 日現在)をみてみたら、「成人男性は 30 代後半(抗体保有率(HI 抗体価 1:8 以上):86%)、40 代(同:79〜86%)、50 代前半(同:77%)で抗体保有率が特に低い(図 12)」とあり、抗体保有率7〜8割で特に低いという評価に違和感があって、

 

図 12 男女別年齢群別風疹患者報告数(2019 年第 1〜29 週)、風疹 HI 抗体保有率(2018 年)

 

※上記、緊急情報から引用

……をみてみたら、35歳〜50歳台まで、風しんHI抗体保有率が低く、風しん感染者が多い結果となっていました。

 

 風しん患者も「会社員」が最多らしいということは、普通の人が普通に生活していて風しんになってしまう。

 風しんの抗体検査や予防接種をしたほうがよいと思う。

 

 自分の抗体の有無の結果は、1週間後……

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM