【SSD換装】Let's note SX1 のHDDをSSDへ。

  • 2018.11.25 Sunday
  • 17:05

JUGEMテーマ:パソコン快適生活

 

【SSD交換作業】

 2012年5月2日に新品で購入したパパのおもちゃLet's note SX1

 あれから、すでに6年使用しているが、バッテリーがほぼ新品(バッテリー無償交換)で、家計的なこと(息子のLet's Note SZ6がなかなか良い感じで、お下がりに来る気配がないなど……)もあって、新品を購入するに至らない……ということで、延命措置を講じることにしました。【保証は今さらなので……】

 

 ググってみると、SSD換装が効果的ということで、外注概算してもらったら3万〜とのことだったので、SX1のHDDをSSDに換装したよというサイトはたくさんあったこともあって、素人の自分で交換してみました。

 

 購入したSSDは、Transcend  SSD 480GB 厚さ7mm 9,292円

Transcend SSD 480GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s 3D TLC NAND採用 3年保証 TS480GSSD220S

 実は、ケースを購入しないでも大丈夫だろうと思っていたら、SSDしか入っていなかったw ので、SSD換装サポートキッド 1,980円も追加購入。。

Transcend SSD換装サポートキット TS-CK3 2年保証
 

 つなげてみたら、SSDをドライブとして認識しない?

 SSDが機械的に認識されていたのので、ググってみたら、フォーマットしていないかららしい。しかも、フォーマット形式は、MBRとすべしとのこと。(GPTでだめだった人がいたので……。)

 

 Transcendには、コピーツールがあるとのことで購入しましたが、ぐぐってみるとイマイチらしいので、EaseUS Todo Backup Freeというフリーソフトを使ってクローンを作成することにしました。

 

 妻と買い物に出かけている間に、コピーが終わっていました。2時間32分。これに先立ち、HDDを450GBから340GBまで圧縮を掛けたからかもしれませんが、思ったより早かったです。

 

 HDDは、バッテリーを外してそこから「べろ」を引っ張って取り出すのですが、厚さ7mmでぴったり。SSDも7mmのものをチョイスしないと入りません。SSDにもセロハンテープで「べろ」を付けて、テレホンカードのような薄いものを使ってSSDを戻すとうまくいきます。不器用なパパでも5分と掛かりませんでした。

 


【交換の結果】

 

 Windows7では、パソコンの性能を調べることができる機能「Windowsエクスペリエンス インデックス」がついています。これを使って評価してみました。左が交換前/右が交換後です。

 ディスクの転送速度のところに赤枠をしてみました。交換前5.9であったものが、交換後7.8に向上しています。今までWindows7の起動に2分40秒ほどかかっていたのが、35秒に向上しました。

 

 Let's note SX1の前のPCーLet's note W4が7年で買い替えしたことを考えると、Let's note SX1は、Windows7の延長サポートが終了する2020年1月15日まではつかっていたいと思います。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM