世界最速の芸術鑑賞「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」……青春18きっぷの旅(続)

  • 2017.09.03 Sunday
  • 12:30

JUGEMテーマ:鉄道

 

 埼玉県の大宮駅から普通電車を乗り継いで約3時間。新潟県の越後湯沢駅に到着しました。

(ふと思いついて……青春18きっぷの旅。)

 

【GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)@越後湯沢駅 12:20〜12:44】

 

 青春18きっぷでは新幹線ホームに入れないため、入場券を購入して新幹線ホームへ。24分で折り返しますが、一度この目で見てみたかった黒い新幹線「現美新幹線」を見学。走行区間が越後湯沢〜新潟間なのに……思ったより乗車する人が多いと感じました。

 

【niconico動画 20170827 現美新幹線とき453号@越後湯沢駅】

 この新幹線のラッピングが印象的なので、動画にしてみました。おそらく長岡の花火をイメージしているのかと思いましたが、正しいのかな?

 

 次の水上行きの普通電車は、15:08までないので、越後湯沢の駅ナカ、駅ソトを散策。

 

【越後湯沢駅構内】

 

 越後湯沢駅改札外には、『CoCoLo湯沢・がんぎおどり』があり、あのほんしゅ館があり、ぽんしゅ風呂もあったり、飲食ができたりします。駅ナカでありながら駐車場完備。車で来た時でも寄ってみようかと思います。

 

 

 ランチは、ぽんしゅ館にある爆弾おにぎり雪ん洞さん。自分はにしん味噌にしました。味噌汁がついていました。

 

 その後、ぽんしゅ風呂には行かず、越後湯沢駅の外に出て足湯めぐり。駅から10分くらいのところに足湯が3か所ありました。写真は、人が多く撮りませんでしたが、熱かったです。

 

【越後湯沢駅 ほくほく線ホーム】

 

 北陸新幹線金沢開業の余波を受けたのは、越後湯沢駅経由の北陸ルートである北越急行線。狭軌最速の160km/hの特急はくたかが走っていた名残は駅のホームが長いこと以外にない状態。この日は、北越急行HK100形電車が見れました。右は、ゆめぞらII。乗りたい電車のひとつです。

 

【さあ、帰るぞっ】

 

 越後湯沢駅15:08発水上行き 水上駅15:46着 行きとおんなじE129系でしたが、「18キッパー」で混雑していて、ずーと立ちっぱなし。

 水上駅15:53発高崎行き 211系も「18キッパー」で混雑していて、ずーと立ちっぱなし。途中の渋川16:30着で途中下車して、吾妻線からの臨時快速リゾートやまどり号に乗り換えようとしたけど、指定席完売。その後の吾妻線からの渋川駅16:51発高崎行きに乗車。こっちは空いてました。途中、抑止を受けて10分遅れで高崎に17:26頃 到着へ。

 高崎駅からは、快速アーバン上野行き17:33発に乗り換え。今回初めてボックス席を確保。途中、小動物衝突というトラブルに見舞われ、15分程度遅れて大宮駅に到着したけど、快適な旅でした。

 

今回のお土産は、『黒崎の晩酌茶豆4kg』3,500円

 350円の小袋の晩酌茶豆を購入しようとしていた妻に「すごいねぇ」と話したら、「私が持つからこっちにする」とまで言われ購入。当然、パパが持ってきましたよ。自分も好きだもん。そのかわり他のお土産は少なめ。1週間で美味しくいただきました。

 

鉄道コム

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM