103系3000番台川越線さよなら運転

  • 2005.10.02 Sunday
  • 07:58
公式には『JR川越線電化20周年記念列車運転』。悲しいけどこの運転をもって
103系3000番台川越線は引退
この103系3000番台(ハエ53編成)は、川越線が電化された当時(電化時は3輌編成)から川越線で活躍した電車で、純粋の103系ではなく、仙石線用72系970番台からの改造車。現存する最後の103系3000番台となりました。72系時代から考えると1950年代にデビュー。改造に改造を繰り返し、50年以上使った車両ということに。今のJR東日本ではあまり考えられない「もったいない」の精神で生存していたといっても過言ではない。
川越市web siteでは、式典やお囃子の実演があるって載っていたけど、とりあえず103系の乗車が目的なんで、長男と2人で573H(南古谷5:11発高麗川行き)に乗車。

 
back地元南古谷駅の始発でこんなに鉄ちゃんが多くいるのは異例のこと。ちなみに大宮方ホームの次の電車は30分後です。
next103系3000番台(@南古谷駅)。まだ辺りは暗いです。

 
back103系3000番台と205系3000番台との交換(@武蔵高萩駅)。結構、明るくなってきました。
next川越方のヘッドマークは開業当時のものでした。(@高麗川駅)

 
back折り返し572H(高麗川5:48発川越行き)に乗車。
next早朝の高麗川駅でもこんな感じでした。

入間川鉄橋の辺りとか、川越市内月吉陸橋あたりでもカメラを構えた鉄ちゃんがいました。ぶー気になったのが、フラッシュをたいて電車の写真を撮っている非常識人。さすがに南古谷始発の段階ではいませんでしたよ、そんな方は。103系3000番台の引退という歴史的な出来事に水を差す行為はやめてほしい。

くすのきパパとママからかわごえせん&さいきょうせん 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ウグイス色の103系が引退してしまいます。 この色、ウグイス色と言うより「山手線カラー」と言った方が分かりやすいのではないでしょうか。 最後に残ったのは、そう、地元の川越・八高線。 正式には「JR川越線電化20周年記念列車」というものですが、事実上103系3000
  • 奥富村日記
  • 2005/10/02 3:13 PM
少々遅れましたが、2005年10月2日に『川越線電化20周年・ありがとう103系』の運転が、最後まで残った103系3000番台ハエ53編成で行われました。 高麗川方面のクモハ102-3003には今回運転の特製のヘッドマークが、川越方面のクハ103-3003には電化当時の記念ヘッドマーク
  • chika*station
  • 2005/10/09 7:00 PM
 八高線と川越西線です。  えーと、本来八高線は、八王子と高崎をつないでいる路線(正確には八王子と倉賀野までで、倉賀野〜高崎は上越線に乗り入れ)。どこかに「八王子と高麗川をつないでいる路線である」という説もありましたが(笑)。その後、高麗川以南は電化さ
  • 鉄道のある風景weblog
  • 2006/07/28 2:53 PM

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM