平成最後の4月が始まります。

  • 2019.03.31 Sunday
  • 23:23

 

 

平成30年度も本日で終わりですね。

昨日、土曜日でしたが、年度内に終わらせなければならない業務のために、休日出勤しておりました。

その後、妻と待ち合わせをして、「かしら屋」さんへ。早めだったけど、ほぼ満席。
ここは、川越の若松屋さん直営の串焼き屋さん。
席に着くと、辛子味噌のツボと、お皿がでてきて、カシラを1串おいていきます。
美味しく頂くと、スっと、カシラを1串おいていきます。
……、妻には、「勝手に串焼きが出てくるお店」と言ったら興味津々。
わんこそばのように、ついつい食べていて、2人で20串以上いただきました。

 

いまから、10年前に名ばかり管理職になって、異動が1回あったけど、すでに8年目。

人は減らされ、仕事は増えてたけど、派遣で対応というありさま。
定量的な仕事ではなく、突発的な仕事や技術的な仕事が多いのに……。
明日から平成最後の4月が始まります。

この串焼きの竹串のように、スッと筋の通った仕事がしたい。そろそろ、この仕事も限界かも……。

羽田で新しい政府専用機を見てから雨の松山へ。

  • 2018.12.22 Saturday
  • 21:56

JUGEMテーマ:飛行機

 

めったに乗ることのない飛行機。

羽田空港第2ターミナルの遠くに、見たことのない飛行機が駐機されていたので撮影しました。

 

 

「日本国JAPAN」とあります。新しい政府専用機みたいです。

スマートですね。ボーイング 777-300ER だそうです。

 

 

 さて、乗ったのは、ANA593 東京 羽田 発 松山行き。ボーイング777-200 でwifiなしでした。これは、405席の機体です。羽田うまく撮影ができませんでした。

 

 

 現地は雨。だんだん気象が悪くなるというので、着陸15分前というときから撮影してみました。

 

 

 松山空港では、みかんジュースがでる蛇口がありました。

 1杯350円はちょっと高い。

もう一台の家庭用PC― dynabook の備忘録。

  • 2018.11.26 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:パソコン快適生活

 

 昨日、Let's note SX1のHDDをSSDに換装したけど、Let's note の2台の他に保有しているPCは、妻用の dynabook T451/35D(R)(2011年9月)を所有しています。これは、2011年11月に購入して、すでに7年目突入っ!!

 

 昨年―2017年の10月に起動しなくなり、ダメもとでドスパラに入院しましたが、2017年11月1日に修理が完了して復活を果たしました。修理代は、26,000円。ドスパラ大宮店には感謝 感謝です。

 

 こちらのdynabookは3代目。東芝dynabookは、2018年10月に東芝傘下からシャープ(台湾・鴻海精密工業)傘下となってしまったけど、4代目はどうしようかと検討中。目標は、消費税10%になる前の来年9月まで。

【SSD換装】Let's note SX1 のHDDをSSDへ。

  • 2018.11.25 Sunday
  • 17:05

JUGEMテーマ:パソコン快適生活

 

【SSD交換作業】

 2012年5月2日に新品で購入したパパのおもちゃLet's note SX1

 あれから、すでに6年使用しているが、バッテリーがほぼ新品(バッテリー無償交換)で、家計的なこと(息子のLet's Note SZ6がなかなか良い感じで、お下がりに来る気配がないなど……)もあって、新品を購入するに至らない……ということで、延命措置を講じることにしました。【保証は今さらなので……】

 

 ググってみると、SSD換装が効果的ということで、外注概算してもらったら3万〜とのことだったので、SX1のHDDをSSDに換装したよというサイトはたくさんあったこともあって、素人の自分で交換してみました。

 

 購入したSSDは、Transcend  SSD 480GB 厚さ7mm 9,292円

Transcend SSD 480GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s 3D TLC NAND採用 3年保証 TS480GSSD220S

 実は、ケースを購入しないでも大丈夫だろうと思っていたら、SSDしか入っていなかったw ので、SSD換装サポートキッド 1,980円も追加購入。。

Transcend SSD換装サポートキット TS-CK3 2年保証
 

 つなげてみたら、SSDをドライブとして認識しない?

 SSDが機械的に認識されていたのので、ググってみたら、フォーマットしていないかららしい。しかも、フォーマット形式は、MBRとすべしとのこと。(GPTでだめだった人がいたので……。)

 

 Transcendには、コピーツールがあるとのことで購入しましたが、ぐぐってみるとイマイチらしいので、EaseUS Todo Backup Freeというフリーソフトを使ってクローンを作成することにしました。【12/22追記】より詳しい内容は、EaseUS Todo Backup Freeの公式ページ(https://jp.easeus.com/backup-software/free.html)をご覧ください。

 

 妻と買い物に出かけている間に、コピーが終わっていました。2時間32分。これに先立ち、HDDを450GBから340GBまで圧縮を掛けたからかもしれませんが、思ったより早かったです。

 

 

 HDDは、バッテリーを外してそこから「べろ」を引っ張って取り出すのですが、厚さ7mmでぴったり。SSDも7mmのものをチョイスしないと入りません。SSDにもセロハンテープで「べろ」を付けて、テレホンカードのような薄いものを使ってSSDを戻すとうまくいきます。不器用なパパでも5分と掛かりませんでした。

 


【交換の結果】

 

 Windows7では、パソコンの性能を調べることができる機能「Windowsエクスペリエンス インデックス」がついています。これを使って評価してみました。左が交換前/右が交換後です。

 ディスクの転送速度のところに赤枠をしてみました。交換前5.9であったものが、交換後7.8に向上しています。今までWindows7の起動に2分40秒ほどかかっていたのが、35秒に向上しました。

 

 Let's note SX1の前のPCーLet's note W4が7年で買い替えしたことを考えると、Let's note SX1は、Windows7の延長サポートが終了する2020年1月15日まではつかっていたいと思います。

トイレの水漏れ:タンク内のオーバーフロー菅を交換してみました。

  • 2018.11.02 Friday
  • 00:41

10月最後の日。

帰宅してトイレに行くと水が流れ続けていました。

おかしいと思い、トイレの止水栓を閉めてトイレタンクの中身を見たら、オーバーフロー菅が折れていました。

 

折れていたオーバーフロー菅。これは取り外した時に撮影したものです。これが外れるとは思いませんでした。

ネットで調べてみるとタンクを取り外し後ろの輪っかをウォータポンププライヤーで回すと取れるらしいので、部品を注文することにしました。

 

正直にいうと、どのオーバーフロー菅を買えばよいかわかりませんでしたが、Amazon.co.jpのカスタマーレビューに、『取り付けられそうなものでも購入して使えた』旨あったので、購入してみることに。

 

INAXのトイレタンクのオーバーフロー菅の交換に必要なものは、

・ LIXIL(リクシル) INAX フロート弁 オーバーフロー管(今回は、高さ278mm TF-889C-SX1)

・マイナスドライバー

・ウォーターポンププライヤー250mm

・モンキーレンチ

モンキーがみつからなくて、閉店間際のビバホームに購入しに行ったのは失敗談。

 

この大きな輪っかを回すのに、ウォーターポンププライヤーが必要です。

意外と大変なのが、このトイレタンクを取る際にトイレのタンクのしたのボルトを外すとき。

トイレは狭いし、手元が見えないし……。相当面倒っ。

 

それでも、何とか修理できました。途中、写真を撮るのを失念しましたがw

モンキー等の工具を入れても4500円。交換部品だけだと2623円。

だめもとでチャレンジする価値はあると思いました。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM