気になるカフェに行ってきました。

  • 2019.07.01 Monday
  • 12:00

国道254号線小川バイパスを北上している左側に見えるおしゃれな建築 小川町カフェ

妻との「梅を購入しようツアー最終回」で、越生に行くついでに、行ってみました。

 

……よかったです。

 

ランチの基本は、ピザとサラダバーの食べ放題 と ドリンクバーに、オプションでパスタやケーキがつくような感じ。

パパは、Bセット1,350円(ピザとサラダバーの食べ放題+パスタ)

妻は、Cセット1,080円(ピザとサラダバーの食べ放題)

 

パパはパスタが来るまで、1皿にはピザやパン、ポテトを、もう1皿にはサラダをとってきました。

ちなみに、ドリンクバーながらコーヒー しかも、エスプレッソがおいしい。

 

この差額270円で、このパスタが付いてくると考えるとコストパフォーマンスがいい感じですね。

 

 

 

その他に、こんなに食べました。特に、ソフトクリームもドリンクバーとセット。これも、美味しい。

意外なのが、野菜スティックに付け合せた梅マヨネーズ。梅の酸味とマヨネーズの相性が野菜を美味しくしてくれる。最後にはインゲンにも付して食べました。

 

ちなみに、JAFの優待で10%引き。すごくお得でした。

 


 

そして、その帰り道。越生町の梅の駅によって、追熟不要な南高梅を購入

JAいるま野(越生)農産直売所で、十郎も購入

これで、楽しみが増えました。

天ぷらと蕎麦と梅と……

  • 2019.06.15 Saturday
  • 23:00

 雨の中、越生の梅の駅まで梅干し用の梅を物色に行きましたが、残念ながら妻の御眼鏡に適うものがなく購入せず。

 そのまま、ときがわ町のとき庵さんへ。雨ということもあって比較的空いていました。
 当店人気NO1とある いつもの 「地山菜の天もり蕎麦」 1,420円。
 初夏メニューもありましたが、天ぷらを食べたかったので、いつものになりました。
 本日の天ぷらは
 ・山うど  ・いんげん
 ・かぶ   ・ズッキーニ
 ・人参   ・新じゃが
 ズッキーニがおいしかったので、帰りの玉川の農直で購入いたしました。
 本日の漬物が梅干しでした。(梅塩もあります。)
 「梅干しの梅を買いに来たのに、蕎麦を食べにきたようだね。」と妻と話していました。
 このまま、梅を購入できなければ、今年の梅干しはないかも‥‥。

天然水のビール工場に行ってきました。

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 12:45

JUGEMテーマ:ビール工場見学

 

 新宿から京王線特急で23分の分倍河原駅。ここから天然水のビール工場行きのバスで工場へ。

 こんなに町中にビール工場があってよいものかと思いますが、公共交通機関で行けるお酒の工場ということで、平成最後の日、平成31年4月30日に行ってきました。

 通常、ビール工場などの工場は、公共交通機関の便がよくない場所にある気がします。以前、家族で行ったSUNTORY 白州蒸留所(本当は、SUNTORY 天然水 南アルプス白州工場を見学するつもりでしたが…)も乗用車でしたので、ハンドルキーパーのパパは飲めず涙しましたw

 

【ビール工場見学】

 受付後、まとまって3階にあがり座学で、SUNTORY「天然水の森」活動やビールの作り手醸造家のこだわりについて学びます。

 その後、いよいよ工場見学。
 

 ……と思いきや、「ザ・プレミアム・モルツ」の厳選された素材について、天然水→麦芽→ホップの順に見て行きます。
 写真は、麦芽です。少し試食ができますが、これはおつまみによいかも……。

 写真は工場のそとからも見える濾過槽で、仕込みで使ういくつかの槽がならんでいます。ここでは、麦酒になる前の麦芽ジュースー麦汁―を作っています。近くまで行けるので圧巻ですが、見学時には何も入っていませんでした。

 麦汁を麦芽ジュースとたとえましたが、麦汁はお酒ではありません。お酒になるためには、酵母を使って発酵させる必要があります。写真は酵母が保管されているところです。

 貯酒、ろ過を経て、パッケージングです。この日はストロングゼロが流れていましたw
 この後、お楽しみの試飲ですw

 

【ビール試飲】

 お楽しみの試飲です。会場に行き、まず受け取るは、ザ・プレミアム・モルツCRATZ

 ザ・プレミアム・モルツでした。ビールと泡の7:3のきれいな割合、缶ビールじゃこの神泡ができないんですよね。

 

 2杯目が、ザ・プレミアム・モルツ MASTER'S DREAM

 苦みが強いビールですが、嫌な苦さではありません。個人的には好きなビールですが、好き嫌いの分かれるビールではないかと。

 

 3杯目が、ザ・プレミアム・モルツ <香る>エール

 この時点で、妻と3つ並べて試飲。どのビールが好きとか……そんな会話が聴こえます。

 

 神泡サーバーとか、お土産のお話後、終了。新 神泡サーバーが欲しくなりました。

天ぷらと蕎麦と筍と……

  • 2019.04.28 Sunday
  • 20:42

 平成〜令和の改元10連休の2日目―平成31年4月28日(日)。

 そろそろ筍の季節かな? ということで、伊佐沼農産物直売所、高坂のいなほてらす、ときがわ町の大野直産物販売所建具会館、越生町の梅の駅を回遊してきました。

 

 まぁ、昼時はときがわ町。当然、行ったのは、とき庵さん。珍しく待ち時間がありませんでした。

 

 当店人気NO1とある いつもの 「地山菜の天もり蕎麦」 1,420円。

 いつも頼んでいるので、妻に「いつもの頼んでおいて」と言われてもわかるパパ。

 メニューには……

 ときがわで採れた山菜は地の御馳走です。

 「本日の採れたて素材」はスタッフにお気軽にお聞きくださいませ。

とありますが、入口の黒板に本日の天ぷらが出ています。

 

 本日の天ぷらは、

 ・タラの芽  ・こごみ

 ・ワラビ   ・タケノコ

 ・人参    ・さつま芋

 外の黒板には、「今日はうめ塩で。」とあったので、当然、天ぷら付きを注文。

 

 そのうめ塩です。

 外の黒板には、「梅林の中 梅酢を 梅の枝で じっくりと 焚きあげて」

 このうめ塩は越生の山口農園の梅塩で、食品ロスを意識した商品とのこと。

 自家製梅干しを漬ける妻も、梅酢で作ってみようかな? とか言っていました。食べる専門のパパの楽しみが一つ増えました。

 

 数か所で大小タケノコを購入。結果6本となりました。

 連休中にもう1回、タケノコツアーに行こうかなと画策中です。

秩父鉄道の旅 2 ーSLパレオエクスプレスー

  • 2019.01.06 Sunday
  • 00:15

JUGEMテーマ:鉄道

 

秩父鉄道の旅1―こたつ舟―の続きです。

 

結果的に、長瀞駅から約2km、隣の駅の上長瀞駅まで歩いちゃいました。

 

【2本目の電車 各停 三峰口ゆき】

この時乗った秩父鉄道7500系。元東急8090系の3両編成の電車です。

この電車で秩父駅まで移動しました。

だんだん元東急車両に置き換えられつつあるのが、残念かな?

 

【パレオエクスプレス(下り)】

秩父駅で、先ほど荒川橋梁でみたパレオエクスプレス(くだり)に追いつきました。

秩父鉄道内では、各駅停車がゆっくり走るSLを抜きます。

くだりは、寄居駅と秩父駅で各駅停車に抜かれます。

 

【秩父駅〜御花畑駅 食べ歩き】

 

秩父神社にいったら初詣の列が長かったので、参拝を断念。

そのかわり、たべあるき。

秩父からあげ きすけ食堂 で「手のひらからあげ」と、 はほそたい焼き で「たいやき粒あん」をテイクアウトして、食べ歩き。

御花畑駅まで、次の三峰口行きに間に合うように散策。

 

【3本目の電車 各停 三峰口ゆき】

西武秩父線との乗換駅である御花畑駅では、やっと元東急でない電車に乗れました。

これは秩父鉄道5000系、元都営三田線6000形。

これで終点 三峰口駅まで移動しました。

 

【三峰口駅】

乗ってきた電車が1番線に着いた頃、蒸気機関車C58が機回しをしていました。

 

【4本目の列車 SLパレオエクスプレス(のぼり) 熊谷ゆき】

三男に聞いたら乗りたいとのことだったので、SL整理券510円/人を購入して、まったりしていきました。

 

2時間15分かけて三峰口から熊谷までゆっくり走るSLパレオエクスプレス(のぼり)。

妻子は窓を開け、沿線にいる人々に手を振りながら、楽しいひと時。

寄居駅まで各停でも1時間程度のところ、このパレオエクスプレスはゆっくり1時間33分かけて走ります。

途中、長瀞で各停に抜かれましたw

 

三男は、楽しかったとご満悦でした。

 

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ  

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM